※協力医院にて撮影され、患者様に掲載の同意を得たレントゲンです。

 58 歳  女性

 症状 慢性的な腰痛と下肢の激痛、排尿障害が起こり、腰部すべり症と診断された後に来院されました。

 

第4、第5腰椎の部分のアライメント(赤色〇)が改善され、前かがみの姿勢と左に大きく傾いていた腰(黄色線)が正常な位置になり現在は再発することなく日常生活をおくられています。


68歳 女性

症状 慢性的な首の痛み、頭痛にて来院されました。

 

ストレートネック(左黄色線)正常なカーブ(右黄色円弧)に改善され、痛み止めや頭痛薬も飲まなくなりました。 


17歳 女性 

症状 腰のカーブが反対(左の黄色円弧)になる姿勢不良と貧血・自律神経失調症と診断され来院されました。

 

腰のカーブが正常な前湾カーブ(右の黄色円弧)になり、姿勢と症状が改善され、高校に復学されました。